フロアコーティングがお勧めできる状況

どういった場面においてフロアコーティングはお勧めできるのでしょうか。

施工業者の実際の施工例やレポートを見ると分かりますが、お勧めできる状況の1つとして新築の戸建てや分譲マンションを購入したタイミングで行うのがまず1つです。

東京のフロアコーティングの情報を多数ご用意したサイトです。

フローリングといった床材を保護できるのがフロアコーティングですから、新築の住宅に施すことでまだ傷一つ無い新品のフローリングを最初から保護することができるからです。
新築に施しておけばいつまでもフローリングも綺麗に美観を維持できますし、また滑り止めや傷、腐食の防止にも役立つので物件価値の毀損を最小限に抑えることにも繋がります。
もう1つフロアコーティングをお勧めでできるタイミングとしては、リフォームやリノベーションを行った際です。

Ameba News情報を見つけましょう。

床材を新調した直後に行えば、新築住宅同様の見た目を長い間維持できます。
また中古住宅を購入した直後でもリフォーム同時に施工すれば、フローリングも新築の住宅のように見違えますから、住み心地という点でも満足感が高まります。もちろんフローリングの保護効果も得られますから、住宅をより長持ちさせるメリットも得られます。

他にも賃貸物件に入居した直後もフロアコーティングは推奨できます。

賃貸物件は明け渡す時に、床の傷は敷金と相殺される事もよくある例です。



しかし入居後に大家の許可を取って、フロアコーティングでフローリングを保護しておけば、入居中も退去後の心配が減ります。