フロアコーティングが使われている場所の具体例

フロアコーティングとは、フローリングや大理石など、洋風の床の表面に傷がつかないように、特殊な塗料を塗って守ることです。
さすがに畳の床には適していませんが、木や石でできた床には共通して使うことのできる技術です。

一般家庭のフローリングの床にも使えますし、お風呂やトイレのタイル地の床に適用可能なタイプもあります。
傷がつかないのでリフォームをする必要がなくなったり、滑りにくくなって安全度が増すというメリットがあります。見た目もきれいになるので、お店の床にも使えるでしょう。
水をこぼしても掃除がしやすいので、飲食店の床にはしておくべきものです。
フロアコーティングは現在、さまざまな施設ですでに導入されています。

OKWaveについて詳しく説明しています。

たとえば、体育館の床の保護にも一役買っています。


体育館の床は、バスケットボールなどをすることによって早く傷んでしまうものですが、フロアコーティングをしておくとまったく傷むことがありません。

最近のコーティング技術は優れていて、高硬度で耐久性にもすぐれたガラス塗料を使用できるからです。衝撃を与えてもひび割れたりすることがないので、スポーツをしても大丈夫です。

さらに、掃除もしやすいので経費削減のメリットも生まれるはずです。



メリットはとても多く、予算が許す限り、最大限性能のいいコーティングを導入するべきでしょう。
床の傷みを気にせずに生活ができると、洋風の家でもカーペットに頼らなくてもよくなります。

東京のフロアコーティング情報の失敗しない選び方を紹介します。