フロアコーティングの特徴と価格帯

フローリングが普及している現在、その大切なフローリングを守るための手段として特に新築時にフロアコーティングの導入を検討する人が多く見られます。

昔のフローリング保護の主流はワックスでしたが、現在はこのフロアコーティングが主流となりつつあり、その特徴について知っておくと何かと役立つでしょう。

Infoseek ニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

ガラス粒子やセラミック粒子、ウレタン素材など様々なコーティング剤があり、それをフローリングに塗布して固着させることでコーティング効果を得るのがフロアコーティングの特徴です。

固着はコーティング剤の種類によって時間が異なります。



ウレタンのように固着に時間の掛かるコーティング剤もあれば、UVコーティングのように一瞬で固着できるタイプのものもあります。

千葉のフロアコーティングを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

しかし何れも固着してしまえばかなりの硬度を誇るため、傷にも非常に強い耐性を持ち、水や薬品なども弾くようになるため掃除も楽になるのがメリットです。
価格帯は一般的な広さの3LDKマンションの面積とほぼ同じ70平米あたりの単価で計算すると、ウレタンやシリコンコーティングが7万円から30万円近くまで、耐性や耐用年数が優れているガラスコーティングやUVコーティングの場合は、70平米で15万円から40万円程度の費用となります。

施工に際して価格帯を判断する時は、価格の安さだけで判断せずに耐用年数や光沢を考えた美観、機能性などを考慮した上でコストパフォーマンスを判断すると良いフロアコーティングが選べます。